よくある質問(FAQ)

Q.加工できる材料は何ですか?

A.金属、ガラス、樹脂、薄膜、厚膜など、ほとんどの材料を加工することができます。

 

Q.超短パルスレーザーによる加工の特徴(一般的な機械加工との比較)

A.主に、次の5点があります。

  1.非接触加工

   被加工物との物理的な接触はありません。

   材料と接触するものは、「レーザー光」のみです。

   被加工材料がドリル・刃と接触することによる摩擦熱・振動などはほとんどありません。
   加工時の潤滑油、冷却水等は不要です。

  2.非熱加工

   ドリル・刃などとの摩擦によって発生する熱はありません。
   超短パルスレーザーなので、被加工材料への熱影響がほとんどありません。
   その為、熱に弱い材料への様々な加工ができます。

  3.薄め、小さめの材料への加工が得意(厚い材料への貫通穴、切断加工は不得意)

   刃物等での加工ではありませんから、加工時に刃物等が材料に接触しません。
   その為、薄い材料への加工でも材料を変形させたりする心配がありません。
   例えば、貫通穴加工であれば、厚さが0.1mm以下の方が得意ですが、
これよりも厚いものでも加工できます。

 

  4.消耗品が無い。

   ドリル・刃のような消耗品はありません。

  5.加工時の飛散物

   レーザー加工によって、加工部周辺への若干の飛散物はありますが、機械加工と比較すると少ないです。

 

Q.加工条件は教えてもらえますか?

A.申し訳ございません。加工条件、加工方法は開示しておりません。

 

Q.加工可能な大きさ・重さはどれほどですか?

A.大きいもの、重いものの加工は対応できない場合があります。
 通常、1m×1mサイズや、数十kg以上などの材料は加工できない場合があります。
 お気軽にお問い合わせください。

 

Q.研究開発・試作の為にレーザー加工を検討できますか?

A.新規レーザープロセス開発や、各種試作、こんな加工はできそうか?などなど、お気軽にお問い合わせください。

 レーザープロセスを応用することで、機械加工では難しかった加工ができる可能性もあります。
 超短パルスレーザー特有の現象を応用できる場合もあります。

 まずは、お気軽にお問い合わせください。