【基本】絞り

レーザーなど光が通る光学系には、光を絞って明るさ、光量を調整する絞り(アイリス)が入っていることがあります。これにより、明るさやピント、分解能、コントラストなどを変化、改善することができます。

レーザーでは、光軸の調整時に、正しい位置・方向に光が伝搬しているかの確認と調整のために使用されます。

絞りは、多くのメーカーより市販されており、絞り単体やマウントについたもの、寸法が正確に加工され校正されたものもあります。また、絞りの大きさを変更できる可変タイプもあります。さらには、電動式もあり他の機器と同期させながら使用できるタイプもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です