【応用】CD読取ヘッド

レーザーの応用の一つに光ディスク(CD/DVD/BD)の読取りがあります。半導体レーザーからの光を光ディスクに当てます。反射した光はPD(フォトダイオード)にて検出して、得られた信号から光ディスクのピット(1/0)を読み取ります。

こちらが実際の読取りヘッドです。読み取るディスクやメーカーにより細部は異なりますが、基本的には同じ構造です。レンズ部をボイスコイルモータで微小に移動させトラックを正確に読み取るような工夫をしています。

対象ディスクにより使用するレーザー波長が異なります。これは、CD->BDに行くに従い、ピットが細かくなるため、それを読み取るスポットを小さくする必要があります。そのために、より短波長のレーザーを使うわけです。各光ディスクにおいて、CDでは780nm、DVDでは650nm、BDでは405nmの半導体レーザーが用いられています。スポット径は、それぞれ、1.7μm、1.1μm、0.5μmです。このピットの微細化により同じ円板面積で大容量化を実現しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です