【基本】レーザー波長

レーザーで加工を行うときには、その波長が重要な意味を持ちます。波長により加工性が異なり、加工結果に影響を与えるからです。主なレーザーとその波長を下表に示します。

レーザーの種類レーザー媒質波長(真空中、nm)
気体レーザーHe-Cd
He-Ne
Ar+
CO2
CO
441
633, 1150, 3390
515
10600、9600
5000
液体レーザーローダミン6G色素560 – 640
固体レーザールビー
Ti:Al2O3
Nd3+:YAG
Nd:YVO
Nd3+:YLF
Yb:KGW
Er+:シリカファイバ
694
660 – 1180
1064
1064
1047
1028
1550
半導体レーザーZnSSe
AlGaInP
AlGaAs
InGaAsP
PbSnSeTe
200 – 500
600 – 800
700 – 900
1100 – 1800
4000 – 20000

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です