最先端レーザー加工技術例  >>もっと見る

レーザー微細加工の最高峰

微細加工は、現在注目される先端技術の一つであり、分野を問わず多くのニーズがあります。微細加工を実現する様々な技術の中でも、「レーザー」は、独特の特長があり、大変注目されています。弊社は、多くのレーザー微細加工の経験から、お客様のニーズに応える解決策を提案していきます。

高度なレーザー微細加工技術

ピコ秒レーザーやフェムト秒レーザーなど超短パルスレーザーを用いた微細加工装置は、高い真円度の微細穴加工、高速性を活かした微細多穴加工、テーパーレスの異形状切り出し微細な溝形成、シャープな微細切断、肉眼で識別できないほど微細なマーキング薄膜除去精密溶接に利用されます。

応用分野は多岐にわたり、薄膜太陽電池、照明用有機EL、自動車部品、時計部品、精密機械部品、高精度測定機器、医療器具などの生産に広く応用されています。

レーザー加工では順テーパーの角度がつくこと(表面加工寸法 > 裏面加工寸法)がふつうですが、ゼロテーパーにしたり逆テーパーにすることができます。微細寸法を維持したまま高いアスペクト比 (表面寸法/深さ>)を実現できる加工も特筆できる特長です。

高速・連続・大面積レーザー加工を実現するロール・トゥ・ロールは広い応用分野の方々から注目を浴びています。モジュール型のR2Rシステムはプロセスの変更や拡張が容易になる装置構成も提案できます。フィルム/シートにコーティング、プリンティング、レーザースクライビング、ラミネーション等を施すことで新たな価値を生み出すコンバーティング分野へも活躍の幅を広げて行きます。



日本のものづくりへの貢献

レーザーは、 高品質な超微細加工を実現し、付加価値が高いものづくりを提供できます。加工の最適条件をプログラミングすると、そのままレーザー加工製品ができあがります。金型が不要のモールドレス加工の実現です。短納期とコスト低減に寄与します。
お客様の高度な微細加工のご要求に応え、ひいては日本の製造業の技術革新に寄与していくことを追い求めていきます。